2008年08月21日

変化球の覚え方

変化球を試合で使えるようにするまでは、野球のレベルにもよりますが、ある程度じっくり時間をかけて身につける必要があります。
また、軸となるのはストレートなので、コンビネーションをよく考えながら身につけることも大事です。
では、具体的にどう身につければいいかを説明します。

Step1.まずは軽めのキャッチボール
まず覚えはじめでは、軽めのキャッチボールで回転のかけかた、指先の感覚などをつかんでいきましょう。軽めですからほとんど変化はしませんが、しっかりと回転をかけられる(or抜ける)ように練習します。

Step2.だんだん強く投げてみる
軽めのキャッチボールでしっかり投げられるようになったら、だんだん強く投げてみます。このとき、決して手投げになってしまわないようにすることが大事です。ある程度距離をのばしたら、変化の仕方をチェックしていきます。
この段階でしっかり変化させられる、そしてきちんとコントロールできるようにするのが大事です。

Step3.ブルペンで投げる
キャッチボールでしっかり変化させられるようになったら、マウンドで投げてみます。このときキャッチャーを立たせて投げる必要はないでしょう。Step2.がしっかりできていたら、ここで変化させるのも問題ないと思います。
そのあとは、他の球種と混ぜて投げる練習をします。

STEP4.試合で使う
他の球種と混ぜても投げられるようになったら、いよいよ試合で使ってみます。はじめはランナーのいない、ピッチャー有利のカウントから使うといいでしょう。

以上が「変化球の覚え方」です。こんなにじっくり変化球を覚えていくひとはあまりいないと思いますが、やってみるとかなり効果があります。ちょっと最近カーブの曲がりが悪い、みたいなときにも使える方法です。

この中で一番のヤマはSTEP2.です。その球種が自分に向いているかどうかもここで大体わかると思います。相手の胸周辺をストライクゾーンとするといいでしょう。マウンドに上がると、傾斜によりちょうど打者のストライクゾーンになります。

最後に、球種は多いにこしたことはありませんが、しょぼい球をいくら増やしてもしょうがありません。まずは1球種ずつ、じっくりと磨くべきだと思います。


posted by 助丸 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 変化球の投げ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。