2008年08月21日

サイドスローの特徴

サイドスローの利点
・コントロールがしやすい
サイドスローは一般にコントロールしやすい投げ方です。オーバーすローとは違い、全くの手投げだとぜんぜんスピードが出ないため、自然にある程度は全身を使って投げやすいためだと思います。

・多彩な変化球が投げやすい
サイドスローはカーブ、スライダー、シュート、シンカー、チェンジアップなどはすべてオーバーハンドよりも投げやすいです。特に横の変化のつけやすさはかなりのものです。

・疲れにくい
オーバースローは投げるたびに体の軸を少し傾けて腕を高い位置にもっていかなければならないので、サイドスローのほうがつかれにくいとはいえるでしょう。

・高めのストレートで空振りがとりやすい
単純に腕のでる位置が低いので、高めのストレートで空振りはよくとれます。

・左対左・右対右で強い
打者にとってボールが背中に向かってくる感じがするわけです。球の出所も角度的に見にくいです。

サイドスローの欠点
・スピードが出にくい
特に、オーバースローで力みまくっていた人はサイドスローでは全くスピードがでないと思います。ですが、きちんと体が使えれば問題はありません。ランディ・ジョンソンやペドロ・マルチネスもほとんどサイドスローです。

デッドボールがでやすい
これは結構でかいです。オーバースローなら抜けたボールは上に行くだけだったのが、打者にまっすぐ向かっていったりするわけです。


posted by 助丸 at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチングの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。