2008年08月21日

シュートの投げ方

<握り>
シュートは人差し指でシュート回転をかけるので、それを意識した握りをしましょう。
具体的には、人差し指を縫い目にかけ、その真下(わかりにくいですがボールの反対側ではなく)に親指をおきます。

<投げ方>
腕はストレートと同じように振り、リリースの瞬間人差し指で押しこむようにしてシュート回転をかけます。はじめは、左バッターのインコース(左投手)に食い込ませるように投げると変化しやすいです。
また、投球動作で肩を一瞬早く開くことで自然とシュートを投げられる、という投げ方もあります。

<使い方>
シュートは内角に食い込ませるように投げるのが基本です。ゲッツーが欲しい場面、決め球としてゴロを打たせにいくか、アウトコースで決める前の見せ球として“打者の体を起こし、踏み込みにくくさせる”ために投げる方法があります。

<注意>
シュートは投げ方がストレートにとても近いので、シュートを多投することでストレートが悪くなってしまう可能性があります。
また、下手な投げ方をすると肘に負担をかけやすい球種でもあります。ですから、あくまでストレートをしっかり投げられるようにした上で、投球の幅を広げるためにシュートを使うことをおすすめします。
シュートがあると思うだけで、バッターは踏み込みにくいし、嫌なものです。相手の中心選手や、ピンチの場面や、点を取った直後の回の守備での先頭打者など、ここぞというときに使うといいと思います。
初回にあらかじめシュートを見せ付けておいて警戒させる、というのもいいですね。


posted by 助丸 at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 変化球の投げ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。