2008年08月20日

ワインドアップとノーワインドアップ

ワインドアップは投げる前に一度、打者に正対して振りかぶる、あの動作です。

ワインドアップワインドアップにも細かく見ればいくつかのやり方があります。が、大体つぎの3通りでしょう。

1.野茂や山本昌のように大きく伸び上がるようにする方法
2.振りかぶる勢いを使って脚をあげ、反動を使って投げる方法
3.あくまで投球動作のリズムを整えるためだけに振りかぶる方法
近年はまず、ワインドアップする投手自体があまり多くないのですが、その中では3.が主流になっています。
やはり今の投手はより投球動作のバランスやリズムに気を遣っているためでしょう。

助丸も3.がおすすめです。よっぽど足腰やバランスに自身がない限り、ワインドアップで反動を得ようとは考えない方がいいです。下手をするとかえってスピードは落ちます。

ノーワインドアップ
ノーワインドアップは、ワインドアップより体はぶれにくく、セットポジションよりは勢いを使える、という投げ方です。

腕をあげない、というだけでずいぶんリラックスできる感じのする人もいるでしょう。そういう人にはノーワインドアップが向いています。



posted by 助丸 at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチングの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。