2008年08月20日

投球前の構え

あなたは、今、マウンド上で、打者と対戦しようとしています。

これから投げる球が試合の行方を左右するのです。

・・・大げさではありますが僕はいつもこのことを意識してしまいます。

さて、このときに気をつけるポイントは次の3つです。

サインの見かた
投球動作に入る直前
ランナーのチェック
3.ランナーのチェックに関しては「牽制球」の項で述べます。

1.サインの見かた
リラックスできる姿勢が一番です。プロ野球だと大きく屈んだ姿勢で見る投手もいますが、おすすめしません。
サインもできれば、無駄な気を遣わなくていいよう、シンプルにした方がいいでしょう。もちろん高いレベルの野球ではランナーや相手側ベンチを気にして複雑にする必要があります。
その場合は練習で慣れるしかありません。

2.投球動作に入る直前
これもリラックスが最大のポイント。助丸はこのとき体の軸を意識して、一度息を大きく吐いてから投球動作に入るようにしています。
息を吐くのにはリラックス効果があるのです。
このとき、キャッチャーミットまでの球の軌道をイメージするのも大事です。

また、手をどこに置くかで2通りのやり方があります。

手を顔や胸の前
腹につける
1.の方は、腕が始めから高い位置にあり、トップにもって行きやすいやり方です。その結果、人によってはコントロール、スピード、キレが増します。

2.では手を腹に乗せる感じなので、腕をほぼ完全にリラックスさせておけます。また、ここに手を置いていると腹式呼吸が自然とできやすいので、心身が落ち着く効果もあると思います。

リラックスを強調していますが、リラックスはコントロールだけでなくスピードや球のキレにも大きな影響を与えます。この事については別の機会に詳しく述べます。



posted by 助丸 at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ピッチングの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。